スピナーベイト私録1 — バイブラシャフトに始まりバイブラシャフトに終わる


私はスポーニング・シーズンにはバス釣りをやらないので
このブログでは、6月初旬ごろの釣りの話になるまでルアー論・メソッド論をつなぎとしよう。
「私録」シリーズを振り返ってみたら、「スピナーベイト私録」だけはシリーズでなく
主に釣行記録&メソッド論という形で書いていたので
改めて今エントリから「スピナーベイト私録」シリーズを立てる。



おそらく2000年ごろには
私はもう「スピナーベイトならバイブラシャフトだけでいい」みたいな心境に達していたが、
別にそれを究極の真実みたいに声高に主張して押し付けるつもりは毛頭ない。
また実際、メガバスのVフラット3/16だけは今でも持っているし必要なら使うだろうし、
自作のフィネス専用スピナベ:ミクロメガスだけは常に1、2タイプを保険的に持って行く。
そこまで到達(ってほど大袈裟なもんでもないが)するまでには
多くの試行錯誤、というか絞り込みを経てきたので、
その過程と個々のアイテム/メソッドを語っていくのは
殊にスピナーベイトにいれこんでいる人、
また反対にスピナーベイトは苦手だが物にしたいという人に有益なエントリ群になると思う。



部分的に過去のエントリと被るところもあるが、
私のスピナーベイト遍歴はおおむね次のような道を辿った —
・初期のバカ買いの偶然まかせの、バイブラシャフトを含む名も知らぬいくつか
・ホライズンのゴーストミノー1/8 と ジャクソンのドレスブレイド1/8
・ヒルデブラントのブラックジャック1/4 と ザ・ブレード1/4
・上記を含みつつのバイブラシャフトに1本化、その改造
・改造嵩じての自作スタート
エントリ14:6月はスピナベの国 で書いたが
ホライズンのゴーストミノー1/8が自覚的な選好として買い始めた最初のスピナベだった。
ドレスブレイドはゴーストミノーが入手できない時、また入手できなくなった時の替わりとして、
そしてその延長線上にブラックジャック1/4があったのだ。
で、ヒルデブラントという優秀なメーカーの優秀作との出会いによって
コンパクト・サイズへの過剰なこだわりはなくなり、
しかしながら「ストロング・バット・フィネス」「アピールはあってもインパクトはなかれ」
みたいな指向の先鋭化から
常にストックが残っていたバイブラシャフトが返り咲き的な再評価からメインとなる —
って感じだ。



各々の機種(?)名を挙げていけばそういう説明になるのだが、
それと並行した、というよりその遍歴のコアにある各種のスピナーベイティング方法論の
移り変わり・絞り込みにこそミソがある。
上記のお気に入りスピナベ機種の発見・愛用・拡大は
おおむねクランクベイトにおけるそれとよく似た
・バイブレーションの細かさ(密度の高い速い振動)
・巻き抵抗の確かさと小ささ(ストレスのなさ)
・高アピールながら低インパクト(怖がられなさ・低プレッシャー)
への気付きとその探求に因っているのだ。



原理的な理解に達するのには極論というものが役に立つ。
そういう極論として次のような両極にある2つのスピナーベイトを想像してみてほしい —
・大きなシルエットとヘッド重量、太いワイア、デカいが回りにくいブレード、ど派手なスカート
・小さなシルエットとヘッド重量、細いワイア、小さく回りやすいブレード、地味なスカート
最もデカく最も食い気があり何でもかんでも恐れ気なく食ってくるバスと
最も小さく最も食い気がなく警戒心からなかなか食ってこないバス。
今、目の前のフィールドの目の前のエリアには、その中間のどこに位置するバスがいるかは知れない —
こうするともう、頭の中には「釣れるスピナーベイト」の像が簡単に浮かぶ筈だ。
そして私の初期の偶然まかせのバカ買いストックには
良くて1/4、悪くて3/8や1/2の、しかも大味にデカいブレードの、
下手すりゃデカいシングル・コロラドの... と
「自覚的にそれを使う必然性を判った上で使える」スピナベがほぼなかったのだった。
ホライズンのゴーストミノー1/8が最初の愛用機となった —
というか、店頭でみかけた瞬間から「これは釣れそうだ」と思えてその通りに釣った
最初の機種となったのには、そういう内的なメソッド論がむしろ大きいのである。



シリーズ1回めなので、駆け足での振り返り総括的なものとなったが、
個人の釣りのスタイルと、それに伴うメソッド論と、必要となる個々の機種には
密接かつ必然的な関連があることはとりあえずお伝えできたことと思う。
私の最終到達点での「釣れるスピナーベイト」は
バイブラシャフト1/4、黒ラビット・ファー・スカート、ヒルデブラント3番ブレード
とそのローテ用ヴァリエーションなのだが、
それは「メガバスのなんたらは世界最高のスピナベ!」みたいな中高生的ヒーロー幻想とは
対極にあることはゆめゆめお忘れなきよう。
シリーズ2回めエントリではより細かい各論に入っていこう。



にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ 









Ads by LinkShare


Ads by ValueCommerce


プライバシーポリシー

コメントの投稿

最新記事
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

スポンサード リンク


カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
プロフィール

dreamtfields

Author:dreamtfields
わけあってバス釣り休止中
関東バス歴11年
電車&バス派
関東記録は47cm

RSSリンクの表示
リンク
amazonでキャッチ






楽天でキャッチ

ナチュラムでキャッチ

ラトリンラップ RNR-5
厳選1人用テント
最新コメント