クランクベイト私録5 — ノーマン ミドルNへの感謝




バス釣り上の「冬」の間にルアー論やメソッド論をたっぷり放っておこうと思っていたが、
気がつけばもう2月末。
バス釣り上の冬=真冬も終わりに近いので、早春のクランク話をひとつ。
関東、東京近郊の平地の3月初めは、もう十分に「早春」だから。



以前にちらっと触れたのだが、
私のクランクベイトびいきは
'96年のたしか3月8日あたり、バス釣りを始めて8ヶ月のころ、
茨城県/土浦市/桜川で
ノーマンのミドルNで冬の間のボウズ連続を久々に脱したことをきっかけにしている。



'95年夏に茨城県/石岡市/高浜の恋瀬川で順調なバサー歴を始めた私は、
ロクに情報も持たず案内もいないまま牛久沼や奥多摩湖・河口湖にまで単独で出かけまくり
初心者に相応しくバス釣り上の「秋」「冬」もロクに知らず
"冬にいいらしい"土浦の新港、新川、桜川などで
齧り間違えの、雑誌受け売りの「冬の釣り」を10週にも12週にもわたってやっていた。
たぶん今でもそこかしこに書いてあるであろう、後の私にとってはちゃんちゃらおかしい
"ボトム近くをゆっくりそう〜っと、ワームやジグやスピナーベイト等で"みたいなことを信じて
知りもしないそういう釣りをやっていたのだった。



10週以上も連続ボウズを食らった後の、3月8日あたりの釣行、もう夕陽ムード濃い15時ごろ、
新港、新川方面から流れてきての、桜川は蓮河原揚排水機場おもての人口ワンド。
「まだまだ真冬」と思いこんでいた初心者バサーの私のかんちがいに反して
水面をピシャンピシャンと騒がすバスか小魚のライズ/ボイル/もじりがあったのだ。
「空気中の人間には十分に冬でも、水中の魚たちにはもしかしてもう春なのか?」と感じた私は
そのワンドで納竿する覚悟で以後クランクベイトだけを投げ倒すことにした。
1分間に1、2、3投ペース、立ち位置を細かく変えては通すコースを無限順列組み合わせで変え
1時間に100投150投を、当時のお気に入りDTN、DBN、ミドルNの二刀投げで
ワンドの奥から先、右岸左岸を行ったり来たりで無心にやり続けたのだった。
たしかもう17時近く、気に入りで実績もそれなりにあった黒金クロームのミドルNが
30cmちょいの1匹をキャッチさせてくれた。
ダメダメなメディア指南と思いこみでスポイルされていた初心者バサーが
自然からのちょっとしたヒントと精神一到の押し通しメソッドで
本来あるべき「自力本願」のバサーの「強さ」を初めて手に入れた1釣だった。



その後もノーマンのクランク:DTN、DBN、ミドルNは
2、3年ほどは私の基本ウェポンとして残り続けたが、
主に巻き抵抗の重さと泳層の深さ — したがってスピーディな釣りでの使い勝手の悪さから
ラトリンラップやシャロー・シャッドラップに主役を奪われていくことになる。
もしもの時のDTNはお守り兼特殊要員としてタックル・ケースの1コーナーに鎮座しているが
レモン・イエローと黒金の残り少ないミドルNはずっとストックとして眠っている。
シェイプはテイパーが緩くずんぐり、ラトル/ウェイトはなかなかゴトゴト、
(私の嫌いな)モデルAよりはまだ巻き抵抗が軽く、そのくせウォブルはなかなか機敏、と
プラスティックのミッド・クランクとしてはそれなりの良クランクなはずのそいつは
今の私には使う理由も機会もないのだが、感謝とリスペクトの対象ではある。



にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ 






テーマ : ルアーフィッシング




Ads by LinkShare


Ads by ValueCommerce


プライバシーポリシー

コメントの投稿

最新記事
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

スポンサード リンク


カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
プロフィール

dreamtfields

Author:dreamtfields
わけあってバス釣り休止中
関東バス歴11年
電車&バス派
関東記録は47cm

RSSリンクの表示
リンク
amazonでキャッチ






楽天でキャッチ

ナチュラムでキャッチ

ラトリンラップ RNR-5
厳選1人用テント
最新コメント