夏に向けての道仙田 簡易実践フィールド・ガイド2


前回に続いて道仙田の簡易実践フィールド・ガイド。
・北端部西詰めのプール
・北端部のインレット/アウトレット
に続けて、北西端(上流に当たる)から東南/南方向に進み
沖須橋で折り返してふれあい公園で対岸に渡って、
という仮想ルートに従って話を進めよう。



・大ヘラ台
先のインレットから道なりにちょっと進むと
見ればわかる最大規模のヘラ台。
最後に行った際にはかなり沈み気味だったから現状はわからないが、
3畳ほどの台が3つつながったものだ。
岸から沖めに3mほど張り出しているのが最大の、他にない利点。
北側に向いては東岸のアシ際、
もともとのチャネルを楽々足許から攻められる地の利、
対岸の草・木のオーバーハング、
南を向いては東岸のオーバーハング・ブッシュ、と
三方に様々な攻めが可能になる美味しい足場だ。
夏ならアシ際と対岸をバズ・スピナベ、オープンをバイブ・クランク
南側岸際をバイブ・ジャークベイト・スピナベでポイント撃ち、
タフ日なら(また食いが遠のいたら)ジャークベイトでねちっこく
またクランクで中低層をスローで、またストップ・アンド・ゴーで、
と多種多様なルアー/メソッドを試すのに向いている。
もちろん長居せず、何度か入り直しのほうがいいのだが、
個人的に、ここで新メソッドや再履修メソッドを試して
ポンっと結果が即返ってきたことが多く、思い入れも実績も多いエリア。



・ふるさとふれあい公園
東岸の「総合福祉センター」から西岸の「ふるさとふれあい公園」へと
つながる橋は釣行上の重要で不可欠なルート要素で、
しかもふれあい公園の各設備は野宿用にも重宝する。
トイレ・水場・ベンチ・テーブルに、野外ステージと陶芸教室施設がある。
ここの水は夏ありがたいことに冷たいので地下水/湧き水か何かかと思っていたが、
地元のおじさんに水道管が土の中を直に走っているためと聞いたことがある。



・桜並木の岸
まだ橋を渡らず、公園を過ぎ民家を過ぎて進むと
桜(?)並木と河川敷然とした踏み分け道のエリア。
草っぱらと点在する小さなヘラ台の、駄々エリアでなくもない所だが、
水際に寄らず一段高い踏み分け道からバズ・スピナベ・バイブで、
扇状に開けたアシのワンドの沖めに投げて岸までの最後5mを集中狙いで、
短期戦/スナイピング/ヒット・アンド・ラン戦略でやると思いがけず好結果が出る。
また、比較的風当たりがあって水が良いので
エリア最終地点の大きめなヘラ台から沖め狙いで
バイブとクランクをタイプ/カラーを使い分けて投げ倒すのも時に楽しい。
ラトリンラップのシャッド/ファイアタイガー > シャロー・シャッドラップ >
スピードトラップのローテーションで4匹釣った良い夏の想い出がある。



何となくイヤな(?)予感がしていたのだが
やはりまだまだ長くなるのでまたしても続こう。
次回は早めにの予定。





道仙田に限ってはあり得ないと思われるが
※当ブログのフィールド情報は最新でも2006年以前のものであり、
それ以降の埋め立て/立ち入り禁止/釣り禁止に関しては免責をお願いする。


にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ 






テーマ : ルアーフィッシング




Ads by LinkShare


Ads by ValueCommerce


プライバシーポリシー

コメントの投稿

最新記事
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

スポンサード リンク


カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
プロフィール

dreamtfields

Author:dreamtfields
わけあってバス釣り休止中
関東バス歴11年
電車&バス派
関東記録は47cm

RSSリンクの表示
リンク
amazonでキャッチ






楽天でキャッチ

ナチュラムでキャッチ

ラトリンラップ RNR-5
厳選1人用テント
最新コメント