3月初頭、蛇沼から「ホワイトレイク」、そして道仙田へ


3月のバス釣りは安定しない。
三寒四温の、真冬と早春をいったりきたりの気候に左右され、
春めいた日はたいてい春の嵐を含む。
大風で釣りにならない時間もままある。
が、4月5月のほとんどを満月日を見計らってスポーニング休みにする私には
3月は休み前の希少な春釣行の時期だった。
今エントリではタイムリー性を考え、
3月の釣りでとりわけ想い出深い、関東最大タイ記録:2匹目の47cmを出した
龍ケ崎市蛇沼~道仙田の釣行録を書いてみよう。



おそらく2001~2004のどの年かの3月初頭、
龍ヶ崎しらみつぶし作戦の初期の一釣行としてこの計画は為された。
小貝川、道仙田、丸沼を一通り知り、
JR常磐線佐貫駅、関東鉄道竜ヶ崎線入地/竜ヶ崎駅からアプローチできる範囲の
二巡三巡めのフィールド再発掘の最初として蛇沼を選んだわけだ。
こうした未知のフィールド開拓の常として
私は第2第3の押さえのフィールド/目的地を設定する。
この時の釣行計画は、
佐貫駅からバスで蛇沼
芳しくない場合少し歩いて久保台のルアー店「ホワイトレイク」
最悪の押さえとしてかなり歩いてなじみの道仙田
というものだった。



佐貫駅から北東約3km、バスで15~25分、
龍ケ崎市若柴町にある蛇沼は東西に約1km、
「ダム湖」にありがちな山あいの谷間にできるパターンの野池で
5~7つの元インレットの集合体といえる形だから湖岸線の延長は2km3kmにものぼるだろう。
それ以上の詳細を語れるほどは知らない。
残念ながらその後再訪する機会もなかったのだ。
結果から急いで言おう。
この時の蛇沼は「ハズレ」だった。
8~12時ほどで、開拓初釣行の私としては少し珍しく、
ざっとの歩き回り釣り回りの結果「ここはナシ」の結論を出した。
北端の小さな池めいた区画を最後に、東側の県道46号へと抜け
南南東の久保台/北竜台へ、「ホワイトレイク」と羽原川調整池へと向かった。



調整池はこの辺りの常で、立ち入り禁止か池/フィールドと言えないレベルかだった ー
ほとんど覚えてもいないが竿を出しもしなかったはずだ。
特筆すべきはむしろ「ホワイトレイク」で、
私の狭い見識では武蔵小山の「ギル」に次ぐ、行って嬉しい(中古)ルアー店だった。
たしかロングAを2、3個買っただろう。
「わけありルアー」の名の下に
回収された根がかりルアーを105円210円フック等なしで売ってあったのだ。
残念ながら現在は移転したらしく、ウェブ検索でもちょっとみつからないが、
近郊のバサーは注目していい店だと思う。



46号を外れて見知らぬ細道を使い最短コースで道仙田、
いつもの北端~総合福祉センター間に辿り着いたのはもう14時過ぎ。
だが、この作戦変更と大移動は余りある見返りをもたらしてくれた。
1匹め、38程度の標準満足レベルを、
この時期には珍しくラトリンラップのファイア・タイガーで釣り、
2匹め17時台のシメの1匹47cmをスピナーベイトで釣った。
スピナベはいつものバイブラシャフト、
この頃すでに私的スタンダードだったラビット・ファー仕様ではなく、
手持ち不足で仕方なしに付けた蛍光白/紫のシリコン・スカートに
メガバスの3Dハイドロ・ブレード 艶消しホワイト・シルバー換装仕立てのものだった。
バイブでの1匹がシャッドではなく季節はずれのファイア・タイガーだったことから
「強い」ルアーとして試用したのが功を奏したのだ。



この日は
朝:真冬の晴れた朝の寒さ
昼:春めいたぽかぽか日和
昼遅く:風強く荒れ模様の始め
と、大物が動く日、
気の早いデカバスが動く日/時の条件に合ってたのだろう。
3月の釣行は、時ならぬ寒の戻りや春0番一番二番の大風/嵐で
バサー側にとってはままならぬ不調に見舞われがちなものだが、
「荒れ」が嬉しい釣果をもたらす面白い季節でもあるのだ。



※当ブログのフィールド情報は最新でも2006年以前のものであり、
それ以降の埋め立て/立ち入り禁止/釣り禁止に関しては免責をお願いする。


にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ 






テーマ : ルアーフィッシング




Ads by LinkShare


Ads by ValueCommerce


プライバシーポリシー

コメントの投稿

最新記事
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

スポンサード リンク


カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
プロフィール

dreamtfields

Author:dreamtfields
わけあってバス釣り休止中
関東バス歴11年
電車&バス派
関東記録は47cm

RSSリンクの表示
リンク
amazonでキャッチ






楽天でキャッチ

ナチュラムでキャッチ

ラトリンラップ RNR-5
厳選1人用テント
最新コメント