真冬のバス釣りになぜバイブなのか


まず最初にことわっておけば
ここで「冬」「真冬」というのは
いわゆる「クリスマス寒波」の訪れる12月末から2月いっぱいくらいのことだ。
もちろんその年その年によって前後はするが
たとえば12月の中旬ごろは極端にいえば「晩秋の釣り」が
暖冬の2月の末の暖かい日ならもう「早春の釣り」が通用するだろう。
人間にとっては十分に「寒い」12月や3月はバス釣り的には冬ではない。



土地土地、フィールド、局所的エリア/ポイントによっても話は変わる。
完全にスピナーべイト場、ジャークベイト場というものはある。
そんな所なら私だってバイブ以外を積極的に使うだろう。



だからここでは、主に初級・中級の
“ 真冬はどんなバス釣りをすればいいんだろう?
釣果が望めない/ボウズ多発なら真冬だけは休む、という選択も妥当だけど
それでも自分はバス釣りが、真冬だろうとやりたいんだ ”
という人たちへ向けての小論を展開してみよう。
バイブ以外を使ってもいいし、
閃いた、コレしかない!という場/時ならむしろバイブ以外も使うべきだ。
だが、2本のロッドの片方には常にバイブが結んであるべきだし、
1日の内もっとも長い時間水中にあるべきルアーもバイブだ。



私の場合、「真冬こそバイブ」は主義主張でも美学でも
科学的見地見識からの当然の帰結でもない。
あくまで数年間の冬を通して消去法的に実績から
候補として残った結論であり、
また「楽をするため(?)」の方法論/姿勢でもあり、
そして何より、「冬の釣りはボトムをゆっくり」論へのアンチテーゼとして
初級者にこそおすすめしたい基本姿勢である。



冬にバイブこそがもっとも効く最大の理由と私が考えるのは
いわば「トリガー効果」ゆえだ。
村上晴彦氏はその昔「冬、バスはアホになる」説を唱えたが、
私の考えにもそれに通じるものがある。
ここでは詳細は省くが、低水温化でのバス(というか魚類)は
恒温動物とはちがって生存にほとんどカロリーを必要とせず
その新陳代謝は仮死状態一歩手前といっていいほどに低減する。
そんな状態のブラックバスという生物が、
春夏秋のように捕食のために鋭敏な感覚で
ベイトを ― 小魚や甲殻類や両生類爬虫類昆虫類を
チャンスあらば食ってやろうと、
水面で揺らぐ影、水よれ、引き波を
横50cmをゆ~っくり小波動で静かに泳いでいくミミズ状のものを
もっとも冷たい水のたまるボトムでぴょんぴょんと跳ねるものを
最大限の意識と視力と側線での感知力で
察知し興味を示し食いつこうとするだろうか?



そう、あえて皮肉っぽい逆説的な物言いをしてみたわけだが、
冬、ことに動物層・植物層もともに寂しく枯れ果てるフィールドでは、
ぽわんぽわんと水面でダートしユラユラし波紋を立てるジャークベイトも
(同様にポッパーやノイジーやペンシルベイト等も)
細かく速いが細く小さい波動を生むスピナーベイトのブレードも
コツンコツン、フワフワ、す~っとボトム近くを動くワームもラバージグも
バイブほどにはトリガーを引くパワーを持ち得ないのだ、と私は考える。
ハイ・スピードで細かく速く大面積の側面で水を動かし
ゴトゴト音のラトル/ウェイトで音/波動を付け足す
バイブという強いルアーの高刺激だけが、
ぼ~っとした冬バスの意識の閾値を超えてトリガーを引き
リアクションを起こさせるだけのものを持っているのだろう、と。
(よく言われるように、その「リアクション」は必ずしも「食い気」ゆえである必要はない)



さて、意外なくらい長くなったが、
このトピックについてはもう少し語りたいことがある。
あえて触れなかったが
なぜクランクではいけないのか、という疑問も残るとこだろう。
おそらく次回、もう少し、またちょい別アプローチでいってみよう。



にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ 






テーマ : ルアーフィッシング




Ads by LinkShare


Ads by ValueCommerce


プライバシーポリシー

コメントの投稿

最新記事
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

スポンサード リンク


カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
プロフィール

dreamtfields

Author:dreamtfields
わけあってバス釣り休止中
関東バス歴11年
電車&バス派
関東記録は47cm

RSSリンクの表示
リンク
amazonでキャッチ






楽天でキャッチ

ナチュラムでキャッチ

ラトリンラップ RNR-5
厳選1人用テント
最新コメント