苦闘と栄光の大正地池


東京から比較的「近郊」にある野池としては
格別に美しく秘境ムード満点の大正地池だったが、
最初の2時間ほどで一筋縄ではいかない
とてもイージーとはいえないフィールドだと判明した。
いつものラトリンラップ、バイブラシャフト、シャロー・シャッドラップの
歩きまくり投げまくり巻きまくりの探り釣りに
まったく反応が見られないのだ。



そうこうする内、10時11時ごろ、楽しいハプニングがあった。
近所の小学3、4年生の課外授業か何かに遭遇したのだ。
引率の先生にインタヴュー(どこから来た、何で来た式の)を受け、
十数人の男女まじえた小学生たちに順番に
スピナーベイトをキャスト/リトリーヴさせた。
もしその内のひとりふたりでも
これがきっかけでその後バスフィッシングを始めた子がいてくれたらいいなと思う。



午後2時ごろまでに南半分 ―
いわばダムサイトな南端部、ヘラ台の並ぶプレーンな中間部を
ジャークベイトもまじえていい加減攻め尽くし、
ふと上流部へ脚を伸ばしてみたところで決定的なヒントがつかめ
エキサイティングな試行錯誤のゲームが始まった。



この大正地池は
メインのバックウォーターと言える北半分の水路めいたエリアと本湖部といえる南半分が
浅くアシで埋め尽くされたエリアで分断された形になっているのだが、
北へ進んで浅々エリアが終わりアシがまばらになる辺りで
パラアシ脇を通したバイブラシャフトに1バイトがあったのだ。
「何だ、こっちもイケるんじゃん」と遡ってみれば
細い川/水路状のエリアの先に人工的なコンクリートのストラクチャーもあり、
最後は(というか最初は)本当に細々とした田んぼ脇の溝レベルの水源部となっていた。
そこで皮膚病に冒された35cmほどの見えバスを目撃したこともあり、
この釣行の正念場として攻め場をこの北半分に絞ることにした。



透明度の高い水に合わせたロングA14A ブルーバック/シルバーフラッシュのジャークで
川状のストレートで何チェイスも取るものの
対岸から足許に至るまでに十分な引きしろがなくヒットに至らない。
そこで秘密兵器のスピナベ一択にシフトし、
これがタイム・リミットぎりぎりの勝利に結びつく。



この頃、私はタフ/シヴィア場での必殺のフィネスなウェポンとして
自作フィネス・スピナーベイト「ミクロメガス」を作り使い始めていた。
0.7、0.8のバネ線とヒルデブラント2番3番のブレードを使った
華奢さとステルス性と速巻きに狙いを絞った作品だ。
実戦でいくつか結果を出していたこいつを岸と並行に速巻きすると
ギル・小バスらしきバイトが連発した。
が、乗らない。
ステルス性+速巻き+近距離戦+小バス > 乗らない の方程式から
段階的エリア移動+遠投+中巻き に方向転換し、
1バイトあったエリアへ南に向いつつ
手数を落とし一撃必殺的キャストを遠投でパラアシに絡めて繰り返...
繰り返すまでもなく2投めでヒット、キャッチした。
直後どこかの鐘が5時を告げたから正に時間ぎりぎりだったのだ。
サイズ的には31、2cmだったが
正解中の正解へじりじりジリジリ近づいていった結果として
自分のバス釣り史上でも最高の1匹のひとつとして記憶に強く残っている。
長々ととりとめのない釣行記になってしまったのは、
この独特の喜びを伝えたかったからなのだ。






※当ブログのフィールド情報は最新でも2006年以前のものであり、
それ以降の埋め立て/立ち入り禁止/釣り禁止に関しては免責をお願いする。



にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ 






テーマ : ルアーフィッシング




Ads by LinkShare


Ads by ValueCommerce


プライバシーポリシー

コメントの投稿

最新記事
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

スポンサード リンク


カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
プロフィール

dreamtfields

Author:dreamtfields
わけあってバス釣り休止中
関東バス歴11年
電車&バス派
関東記録は47cm

RSSリンクの表示
リンク
amazonでキャッチ








最新コメント