6月はスピナベの国


スピナーベイトは今の、また、関東での後期4、5年ほどの
私のメイン・ウェポンであり、
タフ、シヴィア、ジン・クリア、バスがいるかいないか分からない ー
そんなフィールドでもほぼ確実に1匹は獲ってみせる、
そういう覚悟でのバス釣りには欠かせない
フェイヴァリットかつ得意かつ不可欠かつこだわりのあるルアーだ。



だが、けっして初っ端から、好きなルアー、釣ることのできるルアー、
理解できるルアー、信じて投げ続けられるルアー
であったわけではない。
このエントリでは私のいわばスピナベ初体験を ー
初めてバスを実際にキャッチし、
そのポテンシャルと使い方の基本を学んだ気がした
とある1釣行のことを語ってみよう。



最初に買ったスピナベははっきりしない。
ほぼ確実にスタンレーのバイブラシャフトを
大森のキャスターハウスで買ってたはずだし(350円とかで売ってたのだ)、
渋谷の上州屋、キャンベル、サンスイなどで
有名・無名の日本製・海外製をいくつか買っていたはずだ。



またの機会に語ることになるが、
'95年、バス釣りを始めて最初の年
恵まれた夏が終り肌寒い秋が来ると私の釣果はめっきり減り、
雑誌で読みかじったのを鵜呑みに
冬 ー ディープ ー スピナベ・ラバジ という図式から
とりあえず持ってた/買い足したスピナベで
後に振り返ればアホらしい、まったくプロダクティヴでない
スピナベの釣り(の真似ごと)をやってたのだ。
その晩秋から冬いっぱい、私は土浦、特に土浦港近辺で
報われない冬の釣りに明け暮れることになる。



そんなカンチガイから脱却するのも思えば早かった。
明けて'96年の6月、サンスイで買ったホライズンのスピナーベイト
:ゴーストミノー1/8が私の目のウロコを落としてくれたのだ。
もちろん6月、梅雨時というのが冬よりはずっとスピナベに向いている、
というだけの話ともいえるのだが。



イントロに紙幅を費やし過ぎたようだ。
続きは次回ということにしよう。



にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ 






テーマ : ルアーフィッシング




Ads by LinkShare


Ads by ValueCommerce


プライバシーポリシー

コメントの投稿

最新記事
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

スポンサード リンク


カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
プロフィール

dreamtfields

Author:dreamtfields
わけあってバス釣り休止中
関東バス歴11年
電車&バス派
関東記録は47cm

RSSリンクの表示
リンク
amazonでキャッチ






楽天でキャッチ

ナチュラムでキャッチ

ラトリンラップ RNR-5
厳選1人用テント
最新コメント