夏の利根運河、くたびれ儲けの最長踏破


このブログの釣行/フィールド記事では、概して
ボウズでなおかつバスの棲息が確認できなかったフィールドへの釣行をエントリとして物すことは
敢えてしてこなかったのだが、
最近夢で見たフィールドの風景が1度だけ訪れた利根運河のそれを反映したものと目覚めた時気付き
懐かしさに任せて1エントリとしてみる。
地図による水域情報のみからのブラインド釣行を好む同好のバサーになら
「ハズレ場除け」のための情報としても
逆に、その中でもなけなしの有望エリアに集中するためのコース想定のための情報としても
少しは役に立つものになるかもしれないし。





常磐線 柏駅から延びる東武野田線を使っての釣行は
既に愛宕駅からの船形野池群釣行で勝手知ったるものとなっており、
昭文社マップルを眺めつつの、この新たな鉄道路線を使っての新規フィールド開拓の一環として
愛宕駅より3つも柏駅寄りのその名もずばり「運河」駅からアプローチするこの利根運河を
なかなかに「近場」と言っていいお手軽フィールド候補として目を付けたのだった。
運河を北に渡っての、東深井、東京理科大近辺には野池も散らばり
メインの利根運河自体以外にも第2、第3のみっけもの小フィールドも期待された。
夏とはいえ酷暑と渇きに悩まされた記憶はないので
2004年頃のおそらく6月/7月の梅雨の晴れ間のある日の釣行だったろう。
江戸川から利根川まで往復約15kmに、行きつ戻りつを含めて約18kmを歩いた釣行となった。



運河駅で降りすぐ北の橋を渡るだに眼下に目立つ西側の運河水辺公園は
川幅が広く足場も良いため実釣開始の慣らし運転には最適に見えるのだが、
よくある水場の親水公園の例にもれず浅く、実際にはバスがいて釣れるようなエリアではない。
にもかかわらず私は目新しさから朝の1時間半ほどを費やしてしまう。

元は人口の運河とはいえ
その大部分は千葉県印西市の神崎川に似た川幅・様相・沿道の寂れ具合の利根運河の実の顔は
東に西に「市街地」を離れた距離まで歩いてからの時点で見えてくる。
水辺公園を離れて、早めに野池をチェックしとこうと思い立った私は東に向かい
その途上でその実の顔 ー どちらかと言うと「小川」クラスの
浅さやアシで時に途切れ気味になる、かつ水辺に寄りづらいという様相を横目に進む。

期待の野池は、まず沿道近くのひょうたん池、そして4つの続き池は大学構内らしくハズレと判明する。
この時点で私のこの日の青写真は
まずより短い路程で到達する江戸川への流入地点まで、釣りになるエリアを漁ってラン&ガン、となる。

運河水辺公園を今度はスルーで通り過ぎ、
上述の神崎川似の、さらにはもっと細く浅い田中の小川然とした運河を横目に移動を続けるも
ほとんどルアーを投げるまでもないエリアだけが続く。
そのためほぼ「釣りをする」ことなく江戸川に達してしまい
合流部によくある釣れそげなプール然としたエリアで江戸川バスに軽く期待するが
今回のテーマに殉じて「利根運河」釣りに戻ることにする。
釣行当時にはあったか不明だが、北岸すぐの運河河口公園はこれからの挑戦者には便利だろう。

一気に駅北の橋まで約2.5kmを戻り、午前に駄々認定したひょうたん池付近までを歩き飛ばし
「東半分」の残りをまた釣りになるエリアを漁ってラン&ガン。
国道16号線橋を過ぎ、やはり駄々な川相を横目に進み
北の新江川排水場を伝って地図でも目立つ大クリーク終点の三角プールを試すもやはり不発。
既に夕方15、16時台、北東の利根川合流点まで残り約1km、
一気に利根運河が運河然として川幅が拡がり活きた水が感じられるようになるこのエリアで
この日初めて、バス・フィッシングらしい投げて巻く釣りがやれたのだった。

ゴルフ場の横、いよいよ利根川に注ぐ最後の300m程の、競艇場のような整備されたエリアが
皮肉なことに、この日最大に魚の気配と釣れそう感を感じられた所となった。
予告したようにボウズを食らいつつも私は、次来るとしたらあそこあそこここメインに、と
この利根運河フィールドの攻略絵図を思い描きつつ長い帰路に着いたのだった。
もちろん他にも胸躍る美味しい楽しい釣行案は満載で、ついぞ再訪はしなかったのだったが。



バス・フィッシングとも私の釣行とも直接関係はないのだが、
その後私は図書館で、利根運河での釣りを語ったとある本に出くわすことになった。
漫画家:つげ義春氏の実弟で、自身漫画家でもあるつげ忠男氏の
短編漫画&エッセイを収めた『釣りに行く日』だ。

 

バサーに端的に役立つわけではない、主にヘラブナ釣りに関わる珍道中エッセイがメインだが、
別段美味くも高級でもない食にまつわる書きっぷりが味わい深く
釣りに関しつつも釣りメインでない、そのくせ釣りの情趣たっぷりという好品だ。
おそらくそのエッセイ群をフルにカヴァーする増補再録版の『釣り愉し、弁当旨し』のほうもお好みで。



にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ 









Ads by LinkShare


Ads by ValueCommerce


プライバシーポリシー

コメントの投稿

最新記事
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

スポンサード リンク


カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
プロフィール

dreamtfields

Author:dreamtfields
わけあってバス釣り休止中
関東バス歴11年
電車&バス派
関東記録は47cm

RSSリンクの表示
リンク
amazonでキャッチ








最新コメント